Header Ads

アルゼンチン料理エンパナダのレシピ!!

こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今日はアルゼンチンの代表的な料理エンパナダを作ってみました。
ざっくりいうと餃子の形をしたミートパイです!
今回はそのエンパナダ(empanada)を作ったので紹介していきます。

調理後のエンパナダがこちらです。
エンパナダはもともとスペインの地方料理でしたが、アルゼンチンに伝わり今では国民食となっています。

アルゼンチンでも州によってその味付けは変わるので、全部挑戦して見たいところですね。

エンパナダは楽しく調理できますので、ぜひ挑戦してみましょう!
まずは材料を用意して、それを詰めて焼いていきまぁす。
日本でも買えるものばかりです。

ただ皮は自分で作らないといけないかもしれませんけど笑
餃子を作ったことがある人なら簡単に調理することができると思います!
したことない人はまあがんばれ!! 

あとオーブンがあるのが望ましいです。
この記事ではアルゼンチン料理のエンパナダスの作り方を紹介します

Ads by Google

目次

材料
具材を巻いていきましょう!
焼きまっせ

材料

・牛肉(ミンチ)
・玉子(ミンチ)
・オリーブ(ミンチ)
・玉ねぎ(ミンチ)
・皮
具材は皮に巻く前に火を通しておきましょう。
牛肉とゆで玉子とオリーブのミンチ
牛肉に火を通した後にオリーブをいれましょう。

牛肉とスパイス(画像左下)。
私は名称不明の緑の肉用のスパイスを使っていますが、別に黒胡椒とかでおっけーです。
なんでもおっけー。

ハムとチーズ(画像右下)ですね。
またまたイタリアンの影響が・・・!!

野菜のみの具材。(画像上)
赤緑ピーマン、玉ねぎととうもろこしです。


次に具材を巻く皮を作ります。
皮はアルゼンチンでは簡単に手に入りますが、日本だと手作りです。

ポイント1.薄力粉に玉子を一つ、オリーブオイルと塩を少々をボウルに入れます。
2.水を少しずつ加えながら混ぜましょう!
一気に水を入れると粉がうまく馴染まないですからね。
3.徐々にまとまってきたらもうこねくり回しましょう。
料理は愛情ですよ。
こねくり抜いたらラップで包んで冷蔵庫にでも休ませてあげましょう。
こねくり回されて疲れてるんですねー。
10分ぐらいの休憩から、いざ現場に復帰させます。

台(キッチンテーブル)に適当に薄力粉をまぶし、生地を餃子の皮よりちょっと厚いぐらいにします。
厚さは下の写真をご参考にしてくださいまし。

あの、木の棒で捏ねたら均等な厚さで出来上がります。 その後は茶碗などでくり抜いていきましょう!

具材を巻いていきましょう

次は先ほど調理した具材を、切り抜いた後の皮の上に乗せていきましょう。
あまり乗せすぎると巻けなくなったり壊れやすくなるので様子をみながらしましょう。

なんだってそう、自分勝手な行動は嫌われるものです。
皮の気持ちになれば自ずとどれだけの具材が適量かわかるはずです。
私が皮なら、多くの具材という他人を入れられたらパーソナルスペースがなくなって気が狂ってしまいますもんね。
ね?わかるでしょう?そういうことです。
あと優しく巻いてくれない人も、皮さんは嫌いです。
下手でもいいから優しく包みましょう。
料理は愛情、エンパナダってのはそうやって作られています。

ね?いくら私の巻いたエンパナダは見た目は悪くても愛情に満ちた皮してるでしょう?
愛情なんですね。

あとは慣れ。
皮に具材を乗せた後は半分匂って、餃子の皮の要領で折っていきます。
わからねぇよって人は餃子の折り方のビデオでも見てきてください。

こんなの字で説明できるかよ!!
動画を用意しました!

焼きまっせ

具材を巻いたら、いよいよオーブンです!
オーブンがない方は揚げ物風にフライパンででも調理できます。ですが!私は油っぽくなるのであまりオススメしません。
オーブンに入れる場合は、加熱前に溶き卵を表面に優しく刷毛で塗ります。

そうすることで加熱後にいい感じの色に焼き上がります。
200度の余熱したオーブンに30分で完成です。

待っている間は焦げていないかちょくちょく確認しましょう。
でも確認のしすぎはうざがられるからほどほどにしましょうね。

10代の娘を束縛しすぎると後の反動が怖いですからね。
適度の拘束で十分なんですよ、お父さん。
なんでもそう、しすぎは良くないんですよ。

焼き上がり

はい!!出来上がりました!!
これがエンパナダスです。複数あるので、単数形のエンパナダから複数形のエンパナダスに変わりましたね。
はいまたひとつかしこさんになりましたね。

週末などの時間がある時やホームパーティーの時に持って行けば、気分はアルヘンティーナ!!
またお子さんのお菓子としてもいいですよね!
なんとなくアルゼンチンを感じられますから。
多分ね。

また料理のレシピもどきの記事書きますのチェキチェキ!!

またねー

Ads by Google