Header Ads

【まとめ】アルゼンチンでのネットショッピングはmercado libre(メルカドリブレ)!!利用方法のまとめ

こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回は私が普段からフル活用している、ショッピングサイトmercado libre(メルカドリブレ)の紹介です。
これからアルゼンチンに移住を考えている人のための紹介です。

アルゼンチン在住の人なら何をいまさらって感じなぐらいとても有名なサイトです。
amazonが近いですかね。
商品を最安値で探す時に便利なサイトです。

そしてネットショッピングの御多分に漏れずトラブルが多いのも間違いないです笑
そこは日本と同じですね、やったね!

今回は、利用の仕方と注意点の紹介です。


Ads by Google





目次

検索のコツ
アカウントの登録
支払い方法
商品の受け取り方



検索のコツ

まずはとにもかくにも欲しい商品を探してみましょう!

アルゼンチンのメルカドリブレのリンクはこちらです。
メルカドリブレは南米全体で普及しているサイトなので、ちゃんと国を指定しないとチリから配送とかになっちゃいますよ笑

商品検索はもちろんスペイン語でになります。
スペイン語でなんていうかわからないよーっていう人は
グーグルでまずスペイン語を調べてください笑

私のおすすめの調べ方は英語からスペイン語に翻訳することです。
その方が正確です。
日本語からスペイン語はね、お察しです。



iPhone7を検索してみよう


例えばiphone7 を探してみましょう。

検索ボックスのところに探したい商品名を記入してクリックなりエンターキーなりを押します。

すると検索結果がでてきます。

このときにキーワードに関連する、価格の安い順、高い順に並べ替えると捗りますよ。
もちろん、私はもっぱら価格の安い順しか使いませんけど笑

キャピタルフェデラルをクリックすると、どこの区域で販売されているか絞れます。
自分の近所なり、勝手がいい場所を選択してください。
しなくても大丈夫ですけどね笑

ちなみにこちらがiphone7を最安で買える出品者です。
中古で32gbのくせに14.450ペソ(約9万円)です。
今私たちが借りているアパートよりもはるかに高いです。

中古で、32gbのくせに・・・。
日本だと新品で7万5千円ぐらいですかね。

wow, vamos argentina!!


レビューと評価をしっかりと確認する!


気になる商品が見つかれば、次に出品者のレビューや評価を確認しましょう。

安いからというだけで買えば、痛い目を見ることもあります。

なので私たち(主に彼女)はレビューを確認します。
そこで評価がいいと、まあ信頼できるかなって。

もしかしたらサクラかもしれないですけどね笑

評価を確認したら、出品者への質問も確認しておきましょう。
自分と同じ状況の人が見つかるかもしれません。

もし見つからなかったら自分で質問しましょう。

ここではすべて確認しておかないと、後から抗議しても受け付けてくれないことが多いですからね。

preguntaは質問という意味です。
質問をボックスに記入して青のpreguntarというボタンをクリックすれば質問できます。




アカウントの登録

欲しい商品が見つかればアカウントの登録をしましょう。

トップページから登録する方法と、購入の流れで登録する方法の2つあります。



購入の流れで登録する場合


まずは購入の流れで登録する場合です。
青のcomprar(購入)ボタンをクリックします。
濃い青のSoy nuevoをクリックします。
するとページが変わります。

購入するにはアカウントがいるんだからぁって言ってます。


濃い青のSoy nuevo(新人やで)をクリックします。


またページが切り替わり、登録画面に進みます。
登録画面
図のように名前と苗字、メールアドレス、パスワードを記入して青いボタンを押します。
もちろんアルファベットでね。
日本語では記入しないでくださいね笑

パスワードは6〜20文字です。

全て記入すれば青いボタンをクリックします。
登録して購入するという意味ですね。
e-mail越しに購入する 場合は青のボタンです

メール越しで購入する場合はメルカドリブレから、あなたのメールアドレスにこちらの画面が送られてきます。
購入の確認画面

ここで青のConfirmar compra(購入確定)ボタンを押せば購入確定です。

ちなみにこのメールが送られてきた時に私は購入確定してしまったのかと思って失禁しそうになりました。
しかし、これは購入を確定する前のものですので、失禁をせずにすみました笑

いやー焦ったばい。

よくよく考えればメールアドレスを記入しただけで、住所やクレジットカードナンバーなど何も記入してないから大丈夫だったんですけどね笑
メールもサブアカウントだったし笑


昼間から失禁せずに済みました。



とりあえず登録をしておく場合


別に購入はしないけど登録する場合はRegístrateというボタンをクリックすれば、上記のと同じ登録画面に進みます。

別に購入はしないけど登録する場合

この場合も同じ登録画面に進みます。




支払い方法

支払い方法はクレジットカード、またはコンビニ決済的なものの2つが主です。



クレジットカードでの支払い

クレジットカードが一番簡単です。

一度情報を登録しておくだけです。
その時にセキュリティナンバーやらいろいろ必要になります。

私はクレジットカードは日本の銀行ので2枚所持してますが、アルゼンチンでは一度も使っていません。
なんか面倒くさそうなんでね笑

日本やアメリカでは普通に使うだろうけど、ここでは、なんだかなーって笑



コンビニ決済のようなもの

クレジットカード以外での支払いは

・mercado pago(メルカドパゴ)
・pago facil(パゴ ファシル)
・rapi pago(ラピパゴ)

があります。



メルカドパゴ

メルカドパゴはメルカドリブレの電子ポイントマネーです。
購入したお店とトラブルなどがあった場合は現金での返金ではなくこちらのメルカドパゴにポイントで返って来ます。

なので次回メルカドリブレを利用する時に、このメルカドパゴから優先して使い切るのが得策です。


パゴファシルとラピパゴ

パゴファシルとラピパゴは日本でいうコンビニ支払い料金決済みたいな感じです。

パゴファシルは簡単な支払いという意味ですね。
ラピパゴは素早く支払いという意味です。

どちらも取り扱い店にて、現金で支払いをします。
その時に購入予約の紙を印刷して持っていくとトラブルになりにくいと思います。

rapipagoの取扱店は青色の看板です。
pago facilの取扱店は黄色の看板です。
またはlotería(ロテリア)という宝くじ売り場でも、取り扱っているところはあります。

取り扱っている場合は看板の外にrapipago なり pago facil のスティッカーなどが貼られています。
これが貼られてない場合は取り扱っていません。

またロテリアではSUBE(SUICAみたいなもの)をチャージできるところもあります。


支払いが確認され次第発送

クレジットカードにしろ、コンビニ決済にしろ確認され次第発送されます(多分ね笑)。

配達だけでなく、店頭受け取りもできます。
詳しくは次の項目です。

直接受け取りの場合は、メルカドリブレで購入予約をした時にお店の住所が送られますので、そこに行って直接お金を支払って商品を受け取ります。


商品の受け取り方

メルカドリブレとamazonの少し違うところは、3つです。

・1つめは、自宅配達か店頭受け取りか選べます。
・2つめは、一般の出品者や詐欺まがいの業者を自分で見抜かないといけないところ。
・3つめの違いは、出品者とやりとりできることです(強制)。


自宅配達か店頭受け取りか選ぶ

配達料がかかるのと、こちらの配達サービスが劣悪なのはご存知の通りだと思います。

そのため私はよっぽど大きい家具や家電でない限りはお店に行くようにしています。
すれ違いで受け取れなかったら、再配達料は取られるし時間を無駄にしますからね。

配達の場合は、先払いです。
クレジットカード、またはコンビニ決済、電子マネーでの支払いです。

直接受け取りの場合は、メルカドリブレで購入予約をした時にお店の住所が送られますので、そこに行って直接お金を支払って商品を受け取ります。

それなら店頭購入と変わらないというね笑

ただ安い場所がわかるのと予約ができるから便利と言えば便利なんだろうけど、日本のネットショッピングを知っていると、不便に感じますよね笑


詐欺は自分で見抜く

amazonとの違い2つめは、一般の出品者や詐欺まがいの業者を自分で見抜かないといけないところ。

これは明らかに詐欺そうなものはわかりやすいです。
値段が段違いに安いところなどですね。

それか値段がARS(アルゼンチンペソ)ではなくUSD(米ドル)で設定されているところもざらにあるのでよく確認してください。

たまにトリックをかけてこようとしてくるところもあります。


私の経験談 その1

私が経験したのは、購入予約をした後に在庫が切れたから別の高額の類似商品を売りつけてこようとしたケースがあります。

そのお店には直接取引で訪れましたが、購入予定の商品が在庫切れだから、他の買う?って。

買う気満々で来て、在庫切れでがっかりさせて、なら別の商品でもいいから買わせろよという客の意識を逆手にとったトリックですね。

多分ね笑
もしかしたら本当に在庫切れだったのかも笑
でも怪しいお店でした笑

それとか中古だけど新品と偽って販売する一般出品者とかもいます。

こういった出品者は日本のメルカリにもたくさんいるらしいのでまあどこも変わらないんでしょうね。
転売屋がいないだけましかもしれませんが笑

もし詐欺や、向こうの落ち度で商品がよくなかった場合はメルカドリブレに報告すれば返金される時もあります。


私の経験談 その2

私たちは冷蔵庫を購入した時に、新品の冷蔵庫に傷があり、それが隠されていました。

それで彼女が配送サービスの鼻くそさもあってブチギレして、業者とメルカドリブレに報告しました。

結果700ペソがmercadopagoに振り込まれました笑
今はこの700ペソでカーテンを買おうとしています。

引っ越ししてもう1ヶ月はとうにすぎているのにまだカーテンがないという。
プライバシーは晒すもの!!


出品者のとやりとり

3つめの違いは、出品者とやりとりできることです(強制)。

3つめの違いは購入するときに出品者と電話またはメッセージでやりとりをしないといけません。

配達ならば、配達先や受け取り可能な時間等のやりとり、振込方法などです。

直接受け取りでは、いつごろ店頭の住所、何時ごろにいけばよいかなどのメッセージをします。

いやー、二度手間だし、時間の無駄ですよねー。
でもこれをしないと物が買えないのが南アメリカです。

出品者によっては税金逃れや、メルカドリブレ上で取引をしないことで仲介料を払いたくない人もいます。

その場合はfacebookやwhatappでメッセージのやりとりをしたがります。

先ほど述べたような詐欺は直接交渉の時に多くしかけてきます。

直接交渉では安くはなりますが、もし万が一詐欺などにあった場合はメルカドリブレを通していないので、返金などができなくなりますので、そこはご自分で判断してください。


私の経験談 その3

私はアルゼンチンで2台スマホを買いました。
どちらもメルカドリブレで購入しました。

2代目を買った時は、業者がメルカドリブレを通さず直接取引をもちかけました。

私はもちろん、怪しんだのですが彼女は安くなるからラッキーって。
ノーテンキさんですね。

結局今の所動作もしっかりしていますし、無問題です。
変なものをつかまされなくてよかったと安心しています笑

ただ購入するときはご自身でよく検討してから購入してください。
ここはもうお察しの人ばかりなんでね。

以上でメルカドリブレの簡単な使い方のレクチャーはおしまいです。
どの商品もいい具合いに高いものばかりなので、ネットで確認、検証するのがいいですよ。

店頭販売はね、もう、んまあ!って感じです。

楽しいネットショッピングを。
あとトラブルには気をつけてください!

アルゼンチン/ブエノスアイレスのまとめ情報のリンク一覧はこちらです。

またねー


Ads by Google