Header Ads

【交通機関】アルゼンチンの交通機関に必要なカードSUBEの入手方法・チャージ方法


こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回はSUBEの購入方法についてです。
SUBEはアルゼンチンで使われるSUICAみたいな電子カードで、バス、地下鉄に乗る時に必要になります。

ブエノスアイレスの移動方法についてはこちらをご参照ください。


以前は現金でも乗れましたが今はSUBEがないとバスには乗れません。
地デジ化の波がここまできてたんですね。

今回はそんなブエノスアイレスの移動に必須のSUBEの入手方法をお伝えします。


Ads by Google



目次

SUBEを取り扱っているお店
実際に買いに行ってみよう
SUBEのチャージ方法
私が購入した時の話

SUBEを取り扱っているお店

ブエノスアイレスやアルゼンチンでの市内バス、地下鉄に乗るのにSUBEは必須です。
少し前まではコインで支払っていたので、毎回バスに乗るためにコインを作らなくてはいけないから大変だったよとは友人談。

SUBEの入手方法はSUBEのHPからオンラインで購入する方法と、足を使って現地で調達する方法とがあります。


オンラインでの購入

オンラインからの購入では25ペソをカード代としてチャージされます。
購入する時にパスポートなどのドキュメントの番号が求められますので、ドキュメントを手元に購入を進めてください。


直接SUBEを購入する方法

またブエノスアイレス市内や郊外のKIOSKO(キオスコ)Lottery(ロテリー)、mercado pago(メルカドパゴ)などでも入手できます。
SUICAなどと同じで購入時に手数料を35〜40ペソ取られます。

以下のリンクからSUBEを入手できるお店を探せます。
https://www.sube.gob.ar/MapasSUBE.aspx?id=1

当たり前だけど、HPでは入手可能になっているけど実際は入手できないお店がほとんどです。
ブエノスアイレスとか南米ってそんなところですよ。
取扱店を調べたら次は実際に買いに行ってみましょう。


Ratiro駅では

また空港からバスで市内まで来るときによく止まるレティーロ駅ではSUBEが買えますのでレティーロ駅からホテルまでバス・地下鉄を利用しようと考えている方はバスから降りてレティーロ駅でSUBEを購入しましょう。

実際に買いに行ってみよう

上のリンクからSUBEの取り扱いのお店をあらかた調べたら、実際に街に出かけてみましょう。

この時のコツは、取り扱いしているであろう店舗をできるだけ多くメモしておくことです。
HPでは購入できるようになっているけど、実際はカードの入手ができないお店ばかりですからね。

探し当てるコツはお店の前にある看板を見極めることです。
Obtenga SUBEの看板があるお店で入手できます。
SUBE Cargarだけの看板のものはチャージはできるけど、カードの取り扱いはしていないお店があります。
お店の人にSUBEありますかぁ〜って聞いてもらっても大丈夫ですが、ほとんどのお店で首を横に振られます。
なんともあてにならないHPなので自分の足で探しましょう笑

SUBEのチャージ方法

SUBEのチャージ方法は2通りあります。
本当はもう一つあって、モバイルでチャージできる機械が2018年8月に販売開始されましたが、まだ実用性は不明なのでここでは紹介しません。
一つはKIOSCOやLotteryなどの「Carga SUBE」と書いてあるお店で、店員にSUBEのチャージ金額を伝えてチャージしてもらう方法です。
駅の改札前にもSUBEをチャージするためだけの人が働いていますが、小さい駅などではいないこともあります。

こちらは数字を伝える必要があるのと、たまに観光客に5ペソチャージするのにかかるけどいい?とかいう人もいます。
5ペソすらちょろまかそうとするのはさすがです。
5ペソって20円ぐらいですよ?

二つ目の方法は電子チャージの機械でチャージする方法です。
これは駅の改札近くやキオスコの店頭ないし奥に設置されています。

機械でのチャージ方法

SUBEがチャージできる機械の画面を実際に撮りましたので、画面と一緒にみていきましょう。
下にある番号順に画面を進めていきます。
先にSUBEをチャージ台におきます。
SUBEの文字と絵があるのでわかると思います。
台に置いた後でSIGUENTEをタッチします。
次に入金したい額だけお札を入れます、機械によっては200ペソ、10ペソ、2ペソ、5ペソなどに対応していないところがあります。
またアルゼンチンのお金はとても雑に扱われているためか(?)機会がうまく読み込めず戻ってくることがあります。
その場合は違うお札も試してみてください。
チャージ金額を確認します。
この時にまだ入金したい場合は追加でお札を入れてください。300ペソまでは入れられます。
確認した後にPAGARを押せばチャージされます。
チャージされた後の残高が表示されます。
この時にお札入れの近くからレシートが出てきますので、必要な人は受け取ってください。

SUBEの入手・チャージ方法は以上です。
以下は私のSUBEを購入した時の話ですので、読み飛ばしてもらっても大丈夫です。


私が購入した時の話

私はブエノスアイレスに来た時に彼女からSUBEをもらったので今まで入手方法は知りませんでしたが、先日入手しなければいけない機会がありました。

何度SUBEをチャージ機に振りかざしても、まったくの無反応ということが続きました。
いよいよこれは新たに入手せねばならまいてと。
バスに乗ってSUBEをかざしても、うんともすんとも言わなくなりました。

最初はもしかしたらチャージがきれたからかなーとか思ったのですが、後30ペソぐらいは残っているはずなので変だなーって思ってました。
なんかカードが機能しなくて、バスの運ちゃんもどうしたらいいかわからない感じでなあなあで乗せてもらうこと計6回。

うーん、これはSUBEを買い直さないといけないなと思い立つまでに6回、見逃してもらいました。
すいません、怠惰なんですよ。
それで多分次はないぞと。
乱数をひくわけにはいかない、変えるぞと思い立ち、やっと先日買いなおしました。

私はオンラインは逆に時間がかかって面倒だと思ったので、近所のSUBEを取り扱っているお店で購入することにしました。
家でSUBEを取り扱っているらしい近所のキオスコなりロタリーなどをメモして近所を歩き回りました。
想像した通り、HPで販売されているとの情報があるお店はいけどもいけども、ないよ。の一言で追い返されます。
ふぅ。
アッルゼンチーン。

もう慣れっこです。何の感情も湧きません

そしてお店を回っているうちにようやくたどり着いたわけですよ。
SUBEを売っているお店をね。
看板にSUBE obtengaの文字が・・・!!!
そこはロタリーでした。

で、SUBE欲しいんだけどさー、売ってくんない?って。
うん、ええよ。40ペソ、カード発行料な。って。
そっか、ありがとうって。
そして入手しました、SUBEEEEE。

おおデザイン変わっとるやんけ!左のSUBEが以前に使っていたもので、右が新しいSUBEです。
なんかアルゼンチン色が強くなっている新しいSUBE。
ちゃんと使えます。

これで問題なくバスに乗れるので安心です。
ちなみに私はチャージ残高が−30ペソまでは試したことがあります。

カード内のチャージ残高がなくてもバスに乗せてもらえます。
いくらまでいけるんでしょうね。
怖くて-30以上は試せませんでした笑

まだだ、まだあと一回いける気がする
よいこのみんなはちゃんとチャージするんやで!
SUBEを手に入れた後はバスなり電車なり乗ってください。


ブエノスアイレス市内の交通のまとめは下記のリンクからどうぞ。


2018年のオリンピックに向けてSUBEが一新されてます。

アルゼンチンでは2018年にU18のオリンピックが開かれます。
それに向けてSUBEのデザインがまた一新されています。

オリンピック仕様
オリンピック仕様のSUBEには五輪が印刷されています。
あとかわいらしい字体でBuenos Airesの文字が・・・!!
来年アルゼンチンに来ることがあればお土産にいいかもしれませんね笑

またブエノスアイレスでのUberの注意事項については下記のリンクにまとめました。

この記事がお役に立てたら

この記事が役に立ち、是非vacaloca的アルゼンチン情報まとめを支援したいという方がいらっしゃればこちらの記事を他記事とセットでご購入いただけます。
購入のメリットはPDF形式なので旅行中のオフラインでも読めるのと無駄を省きましたので読みやすくなっております。
サイトの支援方法は以下のリンクにまとめましたのでご検討ください。



その他のアルゼンチン情報はこちらにまとめました。

またねー


Ads by Google