Header Ads

【観光】タンゴの発祥地でもあり、カラフルな家が可愛いボカ地区にあるカミニートの紹介です。【Caminito】


こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回はブエノスアイレスに観光に来れば必見の場所であるボカ地区(Barrio Boca)の紹介です。
ボカ地区での私のおすすめはカミニート(Caminito)と呼ばれる区画です。


カミニートはブエノスアイレスの中でも特に観光客が訪れます。
道や家はカラフルに塗装されており、カミニートの区画だけブエノスアイレスの他の地区とは違う独特のものです。

アルゼンチンを代表するダンス、タンゴもここボカから生まれました。
ここでは毎日タンゴが見れ、また絵画、オブジェ、民芸品、工芸品なども買うことができます。


Ads by Google



目次

ボカ地区
カミニート
ボカ・ジュニア スタジアム
最後に


ボカ地区



ボカ港はアルゼンチン随一の港で、ヨーロッパからの船はすべてここボカ港に停泊しました。
夢を求めてやって来た移民はここに住み着きました。
当時のボカは造船工場や賭博があり、男性労働者や船乗りの密集地でした。
そんな男性を相手にするための酒場やバーもボカに密集してできました。
タンゴはその男を誘惑するために生まれたとも言われています。
タンゴの発症にはいろいろな説があります。

この港の前がバス停になっており、周りの床もまたカラフルに染められています。
現在のボカ地区自体は危険なエリアです。
カミニートという観光地だけがボカ地区の中でも安全な地域で、そのほかは世紀末のエリアですのでカミニートより外には出ないでください。

カミニート

ボカ地区出身のキンケラ・マルティン(Quinquela Martin)のアイデアによりカラフルな家が立ち並ぶカミニート区画が作られました。
キンケラ・マルティンは故郷ボカを愛し、絵が売れるとそのお金でボカ地区に小学校などの施設を建てました。

そして現在ではその独特の雰囲気とカラフルな家を訪れる観光客で溢れる区画になりました。

カミニートとは小道という意味です。
ボカ地区にある小さい一角なので小道です。

ギャラリー

観光地としてそのカラフルな家や、タンゴの発祥の地としてカミニートには連日大勢の観光客が訪れます。
そのため毎日タンゴが見れ、また絵画、オブジェ、民芸品、工芸品なども買うことができます。
屋外レストランが多く、その周りでタンゴを踊ります。

カラフルな家にお店を構えている場所もあり、階段を登って中に入ることができます。
その階段でポーズを決めて写真を撮る人が多いです。
私もその中の一人です笑


*2018年2月に床が着色され直してました。
床がはっきりとした色になりました

場所

カミニートはボカ地区にある区画のことです。


ブエノスアイレスの他の地区とは違う独特の雰囲気を持つカミニートの周りは貧困層の地域で、お世辞にも治安が良いとは言えません。

そのためカミニートに行くときはカミニートの中だけを歩くのが最も安全です。
しかし観光客が多い場所ですので、観光客を狙ったスリや強盗がカミニート内にもいます。

その場合はだいたいケチャップ強盗などの典型的な手段で荷物を盗むことが多いです。
カミニート内では人が多いので、あからさまな強盗などは少ないかもしれませんが、自分の荷物をしっかり管理した方がいいのは間違いないです。


カミニートだけのツアーも提供しておりますのでお気軽にご相談ください。

治安や防犯のコツについては下記のリンクをご参照ください。

ボカ・ジュニアーズ スタジアム

ボカ地区でカミニート以外の観光地と言えば、南米屈指のサッカークラブ「ボカ・ジュニアーズ(Boca Juniors)」のスタジアムです。
スタジアムはボンボネーラ(Bombonera)の愛称で親しまれています。


試合がない昼間でも博物館として入場できます。
英語とスペイン語のツアーもあります。

中ではボカジュニアの歴史やユニフォームなどが展示されています。
選手たちが実際に使うロッカールームも見ることができます。

こちらはカミニートから3ブロックしか離れていませんが、昼間でも強盗に遭う可能性があるので気をつけてください。
またボンボネラスタジアム近くのサッカー広場奥にはマンションに大きくストリートアートが描かれています。

こちらもボンボネラより少し歩くので十分周りに気をつけてください。
カミニートから外は基本的には治安はよくないので、タクシーやレミース、バスなどの公共期間を使って移動してください。

バスやタクシーの詳しい利用方法は下記のリンクをご参照ください。

最後に

カミニートはブエノスアイレスの中でも特に観光客が訪れます。
道や家はカラフルに塗装されており、カミニートの区画だけブエノスアイレスの他の地区とは違う独特のものです。

アルゼンチンを代表するダンス、タンゴもここボカから生まれました。
ここでは毎日タンゴが見れ、また絵画、オブジェ、民芸品、工芸品なども買うことができます。
写真映えするブエノスアイレスに来るときは必ず訪れたい観光地ですが、治安はよろしくないので十分にご注意ください。

関連情報

ガイド情報

ブエノスアイレス市内を1日でまわりきりたい!治安・地理が不安!、日本語のガイドが欲しい!という方のために私Vacalocaがプライベートツアーをさせていただいております。現地在住の日本人で、市内のこともよくわかっておりますので安心して観光できます。 最小2時間30ドルからガイドをしております。
Ads by Google