Ads By Google

7.11.17

入館料が無料のナイトミュージアムに行ってきました。

こんにちはー

11月4日はナイトミュージアムに行って参りました。


ブエノスアイレスでは毎年、La Noche de las museosというイベントが開催されます。

この日はどのミュージアムも入館料が無料になります。
詳しい情報はブエノスアイレス市のHPから確認できました。
8時から場所によっては朝2時まで開館しているみたいです。

私は去年は隔離された世界にいたため、知りませんでしたが今は市内に住んでいるのでアクセスも簡単なのと友達が車を出してくれたのでカメラを手に行って参りました。


Ads by Google


目次

Museo de la Inmigración
Museo del Humor
Usina Art Cartier Bresson
Centro Cultural Recoleta
最後に

Museo de la Inmigración

まず初めに訪れたのは移民博物館(Museo de la Inmigración)です。
もともとは移民が滞在していたホテルですが、今では博物館になっています。アルゼンチンは移民で形成された国ですので、国のルーツとなった移民の人の資料が数多く展示されていました。

プエルトマデロとレティロの界辺りにあります。
住所はこちらです。

ギャラリー

博物館外にある荷車
移民の船
元祖カプセルホテル

移民がどうやって来たかや、移民してすぐの職はなにをしていたかなどの資料が豊富でした。
船に乗って来た乗客の名簿も保管されているので、自分の祖先がいつ来たかなども確認できます。

個人的に一番興味があったのは、写真一番下のカプセルホテルみたいなホテルですね。
このねじまき状のホテルは斬新ですよね。
一番上に滞在する人は階段上るのが大変そうですけどね。


イベント

アルゼンチンと言えばタンゴで有名ですが、今回はそのタンゴのルーツになった各国の踊りを全て見せてくれました。
幸いにも一番前で地べたに座って見ることができました。
スペイン
フランスですかね
説明を追加
説明を追加
一番タンゴのルーツっぽい
女性を誘っています
胸にハートが見えますね
司会の夫婦も踊り出しました
今回のお気に入り
8時半から始まって9時半までの一時間ずっと違う国の踊りが代わる代わる披露されました。
私はアルゼンチンにはタンゴが目的で来たわけではないのであまり普段は見ませんが、近くでみるとすごいですね。
情熱的です。

また機会があればタンゴショーに足を運んでみようと思います。

Museo del Humor

次に訪れたのはMuseo del Humorです。
直訳するとユーモア博物館でしょうか。
ここではアルゼンチンでの超有名コミック、マファルダやその他のコミックキャラクター、風刺画などが展示されていました。
こんな感じ
中ではアーティストの方が子供のデフォルメの絵を書いたりもしていました。

もっとアルゼンチン文化に詳しかったら、もっと楽しめたと思います。

場所はこちらです。


Usina Arte Cartier Bresson

次はボカ地区にあるミュージアムに行きました。
映画や音楽関係のミュージアムでした。

ミュージアムの入り口には、ブエノスアイレスの象徴オベリスコの塔の頂上のオブジェクトがありました。

中は映像をみたりするためにすごく列ができていたので、私たちは館内を一通り歩いたら、すぐに横のフードトラックに行きました笑

Centro Cultural Recoleta

最後に行ったのはレコレータ墓地の近くにある文化会館みたいなところです。
アート系のところで、みんなインスタグラム用に写真を撮るために列ができてました。

中庭ではアーティストのライブがありました。
ちょっとホラーちっくに見えますね。

ライブの後は館内の休憩室みたいなところで友達とずっと話していました。
カップルの友達だったのですが、濃い面白い話や体験をたくさん持っていたので、アルゼンチンに来てから一番笑っていたかもしれません。

言語の壁や文化の違いもあり、普段そこまでバカみたいに声高に笑うことはないですけど、この日はとても笑いました。
映画ハングオーバーみたいな話だったので、そういうコメディ好きとしてツボにはまりまくりました。


最後に

今回実は行く予定だったMuseo ArmaやMuseo tuneles de Santa Felicitas、Congresoなどが1ブロック以上の行列をつくっていたので、断念したミュージアムがありました。
車での移動だったからよかったけど、これがバスとかだったら多分心折られまくっていたでしょうね。

バスもHPから印刷した紙を提示すれば無料になるらしいのですが、やっぱり多くのミュージアムを回るためには車が一番ですね。
特にボカ地区のミュージアム周りに行くためには安全のことも考えたらね・・・。
Usina Art Cartier Bressonの途中から明らかに治安がやばそうなところがありました。
世紀末みたいな人がヒャッハーしてました。
治安についてはこちらを参考にしてください。


来年は行けなかった博物館に行けたらいいなと思います。

またねー



Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿