Facebookページで投稿をお知らせしております。

日記・雑記はサイト移動しました。

業務一覧と料金表はこちらです。

25.3.18

海外移住する前に日本で準備するべきもの/こと/手続き/書類のまとめ

こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回は日本から海外に移住/留学を考えている人に向けての記事です。


移住した時の荷物
海外移住するためには日本国内でしておかないといけない手続きがたくさんあります。
また移住してからの必要な手続きのためにもあらかじめ日本で入手しておきたい書類がたくさんあります。

今回は海外移住をする人、アルゼンチンに移住する人に向けて私の経験を交えながら移住に必要なもの/こと/手続き/書類についてまとめました。

日本から拠点を移さない人や移住ではなく、長期の滞在の方などはリストにあるものでも必要のないものは適宜削ってください。

他の海外に移住を考えている人にもあてはまるものがありますのでぜひご確認ください。

実際に私がしてないけどしておくべきだったことやしておけばよかったと思うものもまとめました。
これはアルゼンチン移住を考えている人に向けて書きますので、必要のない人は読み飛ばしてください笑


Ads by Google



目次

まず初めに
海外移住に向けての手続き関係
国内の拠点をなくすための手続き
海外生活のために必要なもの
日本から持って行っておきたいもの
最後に



まず初めに

移住するために何が必要なのかTodoリストを作成して目に見えるようにしておいてください。
書類には申請してから届くまで時間がかかったり、使用期限があったり、先に他の書類がないと手続きが進められないことがあります。
また忘れ物や見落としを防ぐためにもTodoリストの作成は役に立ちますよ。

海外移住をするにあたってまずしておくことが移住先の情報収集ですよね。
北アメリカやヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアなどすでに日本人の移住者がたくさんいる国なら日本語で現地の情報を収集できますので、しっかりと情報を入手しておきましょう。


やっぱりブログでの収集がおすすめです。

本でもいいのですが、インターネットの方が比較的新しく、またその人の経験と共に情報が入手できるので私はインターネットでの情報収集がおすすめです。
現地の情報や雰囲気がブログを通じてわかるので情報収集の最初のとっかかりとしてはいいですよね。

その時に実際に記事を書いている人に連絡するなどしてより詳しい情報を聞いてみるのもありだと思います。

ただ聞くだけではなく、お返しの品を用意しておくなどしていれば、ギブアンドテイクでいいと思いますよ。
例えば日本のお菓子とかそういうものでも海外に住む日本の人には嬉しいと思います。


地球の歩き方

地球の歩き方は旅行者向けの本ですが、移住したばかりの人にも役立つ情報が多いので移住の前に買っておきたい本ですよね。
地球の歩き方

私の場合

まったくブログとかを見ずに2016年にアルゼンチンに移住しました。
移住の前に下見でブエノスアイレスには来たことはありましたが、やっぱり観光と実際に住むのではまったく違いますよね笑

妻がアルゼンチン人なので全く何もわからないということはないけど、やはり情報が偏ったり乏しかったり、日本人だからこそ必要な情報などがわからなかったりしました。
私自身ブログを始めたきっかけもブエノスアイレス郊外で強盗に遭ってから、情報収集が必要だと感じたからです。

それからようやく日本語でブエノスアイレス市内の情報を集めるようになり、自分でも情報を発信するようになりました。



海外移住に向けての手続き関係

ここでは海外移住に必要なもの/手続きについて紹介します。
ビザや滞在に必要な書類などは国によって変わりますので必ずご自身でその国の情報を調べて揃えてください。

パスポート

パスポート
とにもかくにもパスポートがないことには海外移住なぞできません。まずはパスポートですね。

ビザの手続きも航空券もパスポートがないことには始められません。
通常パスポートは1週間ぐらいかかりますので、準備を始めるためにもまずはパスポートの入手から始めてください。
詳しくは外務省のサイトをご参照ください。

既にパスポートを所持している方でも渡航前にパスポートの必要残存期間が渡航先の国の条件を満たしているか確認してください。
これはどういうことかと言うと、渡航先によりますが、パスポートの期限が後3ヶ月を切っている人は入国させませんよというようなこともありますので、ご自分のパスポートの有効期限と渡航先の条件があっているかお確かめください。

パスポートには5年と10年のものがありますが20歳以上の方なら10年用のパスポートを作成しておくほうが楽ですよ。
私は5年用にしていたためアルゼンチンでパスポートの更新をしなければいけませんでした。
手続き自体は簡単なのですが、それでも準備したり大使館に行くのが面倒ですよね笑


ビザ


海外移住するにはパスポートだけでは移住できません。

その国に住んでもいいですよと認められた証が必要になります。

それがビザです。

日本のパスポートの場合だいたいの国の場合は30日〜90日は国に観光客として滞在することはできます。

これは観光ビザと呼ばれ、旅行や友人に会うことはできますが、渡航先の国で働いたり90日以上の滞在は認められません。

滞在が許可される期間は国によって変わりますのでご確認ください。




なので日本から拠点を移す目的の方(移住)の場合は観光ビザではなく滞在ビザ(パーマネントビザ)が必要になります。



ビザの取得方法・条件はこれも国によって異なりますので外務省や大使館でご確認ください。


戸籍謄本/抄本 その他必要な書類

渡航先の滞在ビザ作成の時に戸籍謄本/抄本が必要になることが多いです。
出国後だと身内に頼んで書類を送付してもらうこともできますが、あらかじめ出国前に揃えておくのがいいでしょう。
しかし発行から有効期限があるので、手続きに必要なときに使用できるように計算しましょう。

予防接種


渡航する国によりますが、予防接種が必要/しておいたほうがいいことがありますので、ご確認ください。


アルゼンチンでの滞在ビザ


アルゼンチンでの滞在ビザの取得はだいたい以下の3つが主だと思います。


・アルゼンチン人と結婚する(パーマネント)
・アルゼンチン国内で子供を産む(パーマネント)
・アルゼンチンの現地の会社から労働ビザをもらう(テンポラリー)

パーネントビザの場合はアルゼンチン人の家族がいる場合に申請できます。
私の場合はアルゼンチン人の女性と結婚したので配偶者ビザです。
アルゼンチンで結婚するために必要なものは下記にまとめました。


アルゼンチン人と結婚しなくても日本人同士のカップルでも滞在許可を申請する方法があります。
それはアルゼンチンで子供を出産する場合です。
アルゼンチンで子供を産む場合、生まれた子供は自動的にアルゼンチン人になります(出生地主義)。
そのためその子供の親だと証明すれば滞在許可を得ることができます。
詳しくは下記のリンクにまとめています。




日本国内の拠点をなくすための手続き

ここでは日本国内の拠点をなくすための手続きについて触れますが、人によりことなりますのでここでは一般的なものを紹介します。

海外転出届け

海外転出届の際にはパスポートと転出先の住所を持って住民登録窓口で手続きを行います。

海外転出届けを出すと住民登録がなくなり、住民票が入手できなくなります。
転出届は出国日の2週間前から受付が可能です。

海外転出届けを出すと住民税や国民年金や国民健康保険を支払う義務が免除されます。

なので日本に帰国する予定がない人はこの海外転出届けをしておかないと、日本にいないのに住民税や国民年金、国民健康保険を支払わないといけません。

国民年金は任意で加入したままにできます。

ただし国民健康保険は強制的に抹消されますので、海外健康保険に加入する必要があります。

日本で医療を受けたい人などは転出届けをあえてださない人もいるみたいです。

その代わり住民税や国民年金を支払う必要があります。

住民登録は戸籍謄本とパスポートなどを新しい転居地の役場に持参すれば再作成できます。


私の場合


親が保守的な人なので住民票を抜くことに反対というか疑問を抱いていましたが、私自身が日本に帰る予定がないのに住民税や国民健康保険を払い続けたくなかったので転出届けをようやく出しました。

年金は退会したので、もし日本に帰国しても空期間が長くほとんどもらえないでしょう。
というか満額払っていてもその時に年金があるか怪しいのでもう考えないことにしています。


解約の手続き

日本ででしか使えないもの/必要のないものは解約しておきましょう。
うっかりで解約し忘れていると、支払いがたまったり、支払い延滞のせいで裁判所に取り上げられて出廷できずに通帳の凍結とか最悪なシナリオまでありますので、確実に今日本で支払い続けているものの解約や、退去の時に支払わないといけないものは支払っておきましょう。


解約しておくもの

解約しておくべきものの代表は
・NHK
・携帯電話
・インターネット
・光熱費(ガス・電気・水道など)
・etc

携帯電話は契約会社で電話番号の保管などができます。
その場合は月に300円ほどで使用はできませんが、他の人に発行はされないように保管ができます。
私も保管していましたが、やっぱり日本に帰る予定がないので保管も解除しました。

私の経験


私も外国人の元ルームメイトのうっかりが続きに続いてあと少しで裁判に取り上げられる一歩手前まで行きました。
あの時は本当にストレスでお腹が痛かったです。
通帳の凍結とか笑えないですからね。

インターネット解約時にプロバイダーへの解約金未払いとNTTにそれまでの利用料金未払いで2つの法律事務所から手紙が来て、あと少し無視したら裁判ねというところでようやく私に連絡が来ました。
彼の言い分ではお金は支払ったとのことですが、振込番号の入力ミスに、必要な情報の未入力などよく読んで手続きしろやという凡ミスのせいで私の口座が危なかったです。

アルゼンチンから日本の法律事務所に電話したり、結婚式の前なのに無駄なストレスを受けました。

今思い出しながら書いてても心臓が早くなります笑

他人に名義を貸さないのは当たり前なんですが、ちゃんと手続きして後は郵送するだけという状況でも怠惰な人間だとここまで状況を悪くさせられるんだと本当に怖かったです。
ルームシェアする時は本当に人を選ばないと大変なことになりますので、皆様も慎重に検討ください笑

ファラリスの雄牛まで秒読みだったぞ



海外生活のために必要なもの

海外での生活にも欠かせないものをまとめました。
・クレジットカード
・連絡手段
です。

クレジットカード

クレジットカード
まず必須なのはクレジットカードですね。
昨今学生でも1枚は持っているクレジットカード、海外移住ではこれが確実に必要になります。
海外での買い物はこのクレジットでしたほうが簡単ですし、スマートです。
航空券やホテルではクレジットでないと払えないところもありますので、クレジットカードは必ず作成してください。

現金が手元になくなった時でもクレジットカードが1枚あれば買い物や緊急時に対応できます。


クレジットカードによっては海外キャッシング(現金引き落とし)にも対応しているものもあります。

その代わり手数料はかなり抜かれます笑

特に海外保険が付帯しているもので航空券を買っておれば、その旅行中の事故や紛失などをカバーしてもらうこともありますので、そこもクレジットカード会社を選ぶときの参考にしてください。





キャッシュパスポート

海外専用のプリペイドカードです。
日本であらかじめ渡航先の国を指定して入金すれば、現地で通貨をATMから引き落とすことができます。
ただしプリペイドなので、入金した分しか引き落とせませんのでご注意ください。
キャッシュパスポート

アルゼンチンでは

なんとかクレジットカードなしでも生きていけていますが、やっぱり航空券などを購入する時には必要ですね。
持ち歩かない理由は盗難/強盗が多いので紛失した時に作成し直すのが面倒なので家から持ち出していません笑
また認証するのにパスポートなどの身分証明書も必要なので面倒です。

連絡手段

今ではスマートフォンやパソコンなどインターネットさえ接続できれば誰とでも連絡がとれる時代ですので、そのインターネットだけ確実に確保したいですね。
SkypeやLINE、Facebook、Twitter、Instagramなどもアカウントを帰る必要なく使えます(使用制限がある国もありますが)。

日本で購入するスマートフォンは大手携帯会社で購入した場合はSIMロックというのがかけられていますので、その解除をしないといくら新しい電話番号を入手しても渡航先では使用できません。
購入先の携帯電話会社でSIMフリーの手続きをするかe-bayなどでコードを購入してご自分でロック解除する方法もあります。


最初からSIMフリーのスマホを購入するのが一番楽です。

その場合はApple Storeで購入するiphoneやamazonなどで販売されているandroidのSIMフリースマホを購入すれば、渡航先のSIMを購入してチャージすれば使えます。

日本から持って行っておきたいもの

ここでは海外移住に必要なものをまとめました。
北アメリカやヨーロッパなどの先進国ではものを大量に購入しておく必要などはありませんが、発展途上国や第3世界に行く時はしっかりと準備しておかないと、現地では購入できなかったり、尋常じゃないぐらい高かったりします。
なので日本で購入して持って行きたいものを主観で紹介します。


スマートフォン

上記の連絡手段と重なりますが、スマートフォンは必ず持って置きたいですね。
というのも電話帳やデータの移動をせずに海外でもそのまま使えるから一時帰国の時なんかでも便利です。
南米なんかではスマートフォンは高級品なので、強盗が狙うものランキングでも上位です。
今のご時世誰でも持っているものですが、南米ではスマホは高いので転売したときの利益が高いです。
なので私はサブのスマホを使用していますが、やっぱり一本化したいですね笑
サブのカメラがスーパーポンコツなので。


ノートパソコン

やっぱり携帯できるパソコンが一台は必要です。
海外生活だとパソコンなしの生活はまずできません。

フリーランスで移住する場合パソコンがないと仕事ができません。
航空券の手配や、ホテルなどの比較するとき、また仕事をする時にスマホの小さい画面では私はまったく作業が捗りません。

ある程度の大きい画面とキーボードでのタイプができないとストレスがやばそうです。

あと日本語のキーボードは好きではありませんが、日本語にすがって生きている身としては日本語のキーボードがありがたいです。というのも1ボタンで英語とかなを変換できるので笑
コントロール+シフトでMac OSは変換できますが、1ボタンで変更できるに越したことはないでしょ。
本当はUSキーボードがいいですけどね。

日本語のはやっぱり無駄なキーが多くてシンプルじゃないですからね。
見辛いです。



カメラ


旅行や新しいものや食べ物と出会った時に記録に残せる媒体です。
スマホでもいいですし、コンデジでもいいです。
とにかくいつでもカメラで写真を撮りたいんです!
海外生活だと日本とは違う文化なのでなんじゃこれと思うようなことをデータに残したり、友人にシェアできるのでカメラがは必要ですよね。
ウッキウキで買ったカメラ
航空券以外で初めて10万円以上のお金を使ったのはカメラが初めてですね。
カメラ本体にカバンに三脚に、必要なものを揃えれば揃える度に消えて行く諭吉っつぁん。
それでも初めての一眼レフカメラに心は踊りっぱなしでした。

ただ移住先のブエノスアイレスでは盗難の可能性が高すぎて滅多に持ち歩けないという笑



スーツケース


実際に移住した時の荷物

パソコンやカメラは衝撃や水に弱いですので、飛行機では必ず手持ちにしてください。
それ以外のものはスーツケースにいれましょう。
スーツケースに入れるものは盗まれたり紛失てもいいもの(例:服とか)を入れましょう。
また割れ物なども手持ちに余裕があれば手持ちにしましょう。

スーツケースに求めるものは軽さと丈夫さです。

軽さは荷物制限があるのでスーツ自体があまり重くないものがいいですよね。
かといって軽すぎると丈夫さが失われることもあるので、いい塩梅で。

スーツケースに一番求められるものは丈夫さです。

飛行機でのスーツケースの取り扱われ方はえげつないぐらい乱暴に扱われます。
放り投げて地面に落下させたり効率化のためか単に気にしないのかスーツケースはすごく乱暴に扱われることが多いです。
なのでスーツケース自体の丈夫さと衝撃を吸収するものを選んでください。

私は姉のおさがりの白黒の大きいスーツケースを使ってますが、次に帰国したタイミングで新しく軽くて丈夫なものを買おうと考えています。


小さいスーツケースはAmazonで購入しました。

小さいけどチャックを解放することで拡張できるので便利です。
飛行機内にも持ち運べるサイズなので小旅行の時にはこれに服をいれて、別のバックパックにカメラを入れるだけでいいです。


その他

スマホやパソコンなどの電化製品は最近のものだと変圧器は必要ありませんが、変換器は必要になりますのでお忘れずに。
衣類や下着などサイズが限られているものや、日本でしか入手が難しいものなどは大量に持ち運んでおいてもいいと思います。
渡航先で買えるならそれにこしたことはありませんが、質が悪かったり、サイズがなかったり、体に合わないということもあるので少し多めに持って行くぐらいでいいと思います。

私自身のことではありませんが、長期滞在予定の方から食事のことでの質問で炊飯器は日本から持っていったほうがいいですか?などの質問もたまにあります。
私自身は現地の人が食べるものを食べて行くスタイルなのですが、人によっては和食じゃないとダメとか、その人のスタイルがあるので自分に必要なものを持って行くようにしてください。

私の場合


アメリカ企業の製品や日本製品には基本的に関税がかかりまくっているので外国製品の場合なんでもすごく高いです。

私はパソコンやカメラの類が好きなのです。

アルゼンチンではそういった製品はすごく高いですが、日本でも廉価なものなら値段もそんなに変わらないこともあります。

ただ2万円以上の製品あたりの値段帯から急に1.5〜2倍割高になってきます。

例えばパソコンが日本で10万円のものならだいたい15万円から20万円になります。



アルゼンチンでは衣類も質が悪い割にお値段があんらまあ!なものが多いです。

なので一切衣類にお金を使いません。(あと子供用のサイズになるから笑)

日本に帰国した時に買います。

家族から郵送とかをしてもらうにも半日以上郵便局で待って受け取る必要があります。
さらに本以外のものはだいたい関税がかかるります。
これも最大で50%の関税がかかるそうです。
もう意味がわからないですね。
なので私は一切利用しないことにしています。


最後に

海外に移住するためには本当に多くの手続きと書類と時間が必要になります。

私みたいになんとなくで移住をするのではなく、しっかりと計画を立てていないと移住してから後から後から問題が出てきて、家族や身内に頼らなくてはいけなくなります。
日本にいるうちに済ませておけばよかったと思うのは情報収拾と海外転出届けとSIMフリーです。
正確に言えばSIMフリーは携帯会社のルールのせいでできなかったのですが、その時に新しいスマホを購入しておけばよかったです。


他にもお金が溜まり始めて物欲が出てきた時にアルゼンチンの物価の高さと関税に絶望したり今でもしているので、物欲はアメリカか日本で晴らしたいですね。

まあ何が言いたいかっていうと、Youちゃんと準備しちゃいなよってことです。


今回は海外移住する前に日本で準備するべきものなどを紹介しましたが、移住先のブロガーなどのブログを見て、その人がどう移住したか手続きはどうだったか、などを日本にいる時点で分かれていれば、本当に楽だと思います。

今はインスタグラムなどでも簡単に移住している人を見つけられてコンタクトが取れるので、十分に活用してください。

私はアルゼンチンに移住しましたので、もしアルゼンチンでの移住や長期生活を考えている人がいればお気軽にご連絡ください。

またこの項目の下にアルゼンチン移住関係のリンクを貼っておりますので興味がある方はあわせてお読みください。

Facebookやインスタグラムなどからご連絡いただけます。

https://www.facebook.com/vacaloca1219

https://www.instagram.com/vacaloca1219

またねー



Ads by Google



その他アルゼンチン移住情報

アルゼンチン/ブエノスアイレスのまとめ情報のリンク一覧はこちらです。







Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿