Facebookページで投稿をお知らせしております。

日記・雑記はサイト移動しました。

業務一覧と料金表はこちらです。

24.4.18

日本人大歓喜?!ついにブエノスアイレスにもあのメイソウ(Minisou)が進出したぞい!!【朋友】

こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

いやー、海外に住んでいると日本で売っているような細かい気遣いのある小物や製品が恋しくなりますよね。
特にアルゼンチンみたいな日本の正反対に位置する荒い国ではそんな細かい繊細な製品なんてあるわけがない(?)ですからね。
私も日本を離れアルゼンチンに住み始めて丸2年が経ち、居を構えるためにももっと私好みのものが欲しくなってきているところでした。

でもここはアルゼンチン。
そんなものあるはずもなく途方にくれていました。
これは日本に帰って小物を揃えるしかないのか・・・と。

そんな時に友人から日本の雑貨屋がブエノスアイレスにオープンしたとの情報をもらい、行ってみました。
そう日本人ならだれでもご存知であろうメイソウにね。



まずはメイソウを知らないという日本人にわかの人にメイソウについて説明します。
まさかそんな非国民はいないと思いますけどね、念のために。


Ads by Google



目次

メイソウとは
店内
中国会社じゃんとはいえ
最後に



メイソウとは

ユニクロと無印のハイブリッド
まずメイソウとは名創優品という、「ユニクロ」風の看板に「ダイソー」風の名前を持ち、「無印良品」のような店を構えるスーパーハイブリッドな雑貨ショップのことです。
実際売っているものもダイソーのような品を無印風のおしゃれテイストにしあげています。

このメイソウ、本社は日本にあります。
Wikipediaさんによると
とのことです。

さらに沿革の項目では2013年9月、日本で株式会社名創優品産業が設立登記され、同月中国・広州市に1号店を開店した。
とあります。
三宅氏
設立者のひとりに日本人デザイナーの三宅氏がいますが実際は看板パンダのように日本人が創ったと見せるための存在です。
MINISOUの看板の下にあるJapanese Designer Brandは三宅氏のことですね。

お察しの通り

パクリ大国中国人の経営者が日本で会社の登記をすることで"日本"ブランドとして海外で展開しまくっています。
まず英語表記がMINISOUでカタカナがメイソウって意味わからないですよね。
日本ブランドを名乗るために日本で登記した行動派です。
このメイソウ、中国や海外で1800店舗以上展開しているみたいです(2017年5月時点)。

デザイナーの三宅さんも実際には経営に携わっていないと発言していることから、完全に中国人が経営する会社です。
でも本社は日本にあり、そこから中国に逆輸入した形なので日本の会社として中国や海外に展開しています。
1800店舗以上の似非日本ブランドが海外で幅をきかせているわけですね。

本当に日本はもっと知的財産権や特許をちゃんと取って中国や韓国のパクリの廉価版やコピー商品から価値を守ったほうがいいと思います。
面倒臭がらずにちゃんと自分の功績を守ってください。
人間はみんながいい人で盗人なんていない、なんてことはないです。
モラルなんてない人はどこにでもいますからね。

でも日本も産地はマレーシアやベトナムで、ラベルを貼ったのは日本っていうパターンありますからね。
でも明らかに中華系で日本系の企業です!安心して買ってねって言われたら、なんだかなーってなります。



店内

ブエノスアイレスの闇両替のあるフロリダ通り近くにオープンしました。


店内
店内は本当に無印良品そのままです。
アルゼンチン店は一階だけの小ぶりのお店です。
お店にはキーボードや、イヤフォン、ヘッドフォン、モバイルバッテリーチャージャー、電池などアルゼンチンでは高い電化製品に力を入れているように見えました。
奥には小物容れや日本風の収納グッズがありました。


5月すぎにはもう少し品が増えるそうです。
今は関税かなんかで中国から輸入できなかったので、それ待ちみたいです。


怪しい日本語だらけ

手ブレしてますが
店内にある製品には怪しい日本語と中国語が表記されています。
明らかに中国人が書いた日本語ですが、日本語を知らない人にはそんなものは関係ありません。
日本語っぽい文字が見えたら日本製だと思い安心感があるみたいですね。
展開し始めた時は今以上に怪しい日本語だらけだったらしいのでこれでもましになってるみたいですね。


日本人からしたら、こういう会社と知ったら複雑な気分で店内にいる全ての人にこれはJapanese Brandじゃなくて中国のもんなんやでと言いたいですけど、それだから何?と言われるでしょうし、ネトウヨ乙とスペイン語で言われたら心が折れるので、妻にだけこれは日本の会社じゃないことを店内にいる間くどくど説明していました。
妻は日本の会社だーーー、うわあああーーーかわいいーーーーとはしゃいでいました。
この裏切り者め。

そして何か見つける度に、みてみてこの日本のやつー、かわいいーと報告してきたので一回一回、節子それ中国やと訂正しました。


全然聞いてなかったですけど。

あの店においては私だけがおかしな奴にみられます、違うんだ、アルゼンチン人よ、あなたたちは騙されているんだ、カノッサ機関の仕業なんだ!!


中国会社じゃんとはいえ

アルゼンチンにおいてこういう細かい気配りのある収納グッズが買えるのはいいことです。

私も裏切り者のために化粧品の収納グッズを買いました。
裏切り者の化粧品と
まあまあのおしゃれ具合に100ペソ(500円ぐらい)なのでまあまあですね。
べ、別にすきなわけじゃないんだから、か、勘違いしないでよね。

ただバッテリーや電池などのものは爆発すると思うので絶対に買わないです笑
私がアルゼンチンで買った安物の中国スマホのバッテリーも尋常じゃなく膨張していたので、中国のバッテリーは信頼ならんですわい。

海外で日本風のものを売っているお店が欲しい方にはいいと思います。
ただそこで思うのはなぜ日本の企業がここまでの行動力を見せてくれないのかと。
なぜ他の国に展開や利益を譲ってしまうのかと。

これは大和男子として私が"ユニソー良品・ダイクロ"を立ち上げるしかないのだろうかと考えさせられました。
中国で登記してChinese Designer Brandで海外展開しようかなー、信頼度抜群そうですね☆


最後に

詐欺まがいの商売展開ですが、海外に住んでいて、こういう日本企業が進出していない国にいる場合にはメイソウは魅力的だと思います。
ただ日本の企業にはもっと海外に目を向けて欲しいです。

日本から持って買えることができないサイズの収納品はここで買おうと思いました。

店内では怪しい日本語を探すのは結構楽しいので、オヌヌメですよ!!

またねー


Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿