Facebookページで投稿をお知らせしております。

日記・雑記はサイト移動しました。

16.4.18

せっかくアルゼンチンにいるので我が家でもアサードを食べるためにParrilla circular para hornallaを買ってみた。

こんにちはー

今回はお肉大国アルゼンチンでお肉を美味しく食べるために新しく調理器具Parrilla circular para hornalla(焼肉用丸のやつ)を買い足しました。

Parrilla circular para hornalla
アルゼンチンでは牛肉は大量に消費されます。
そしてアルゼンチンの国民食としてBBQ(アサード)があげられます。
義父母や友人の家、レストランでアサードをいただくことはありますが、我が家では滅多にアサードを作りませんでした。
というのもアサードをするためのパリーシャ(焼肉用の器具)がなかったからです。
この前管理費を払いに行ったついでに雑貨屋を回っているといいぐらいの値段でガスコンロ用のパリーシャを見つけたので、後で妻ともう一度見に行き購入しました。

本当はバルコニーにアサード用の大きいパリーシャ(Parrilla)が欲しいのですが、我が家の地獄の番犬ケルベロスがバルコニーを占有してますので、諦めました。
地獄の番犬
引っ越しして半年もうすぐ1年、ようやくパリーシャを入手しました。
今回はこのガスコンロで焼肉を作る器具の実際の調理した様子などを紹介します。

Ads by Google



目次

畜産大国アルゼンチンにおいてアサードは
そこで台所用のパリーシャを
調理してみた!
最後に



畜産大国アルゼンチンにおいてアサードは

魂です。
アルゼンチン人に好きな食べ物は?と聞けばミラネサと同じぐらいの割合でASADO!!!と返ってきます。
アサード(ASADO)はスペイン語で焼いたという形容詞ですが、「焼肉またはBBQ」の名詞として使われています。
義父母のパリーシャ
アルゼンチンでは人間の数より牛の数が多いことでも有名なぐらいの畜産大国で、牛の消費量も多いです。

牛肉大好き


アルゼンチンでの美味しいご飯たち
Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ


そんなアルゼンチンだから

豪快なBBQがアルゼンチンの国民食です。
だいたいアルゼンチン人の家にはパリーシャ(Parrilla)という焼肉用のキッチン道具があります。
https://articulo.mercadolibre.com.ar/MLA-685207001-parrilla-de-tarquini-145-m-luz-puertas-inf-canasto-_JM
https://articulo.mercadolibre.com.ar/MLA-664619209-parrilla-portatil-ctapa-rueda-cajon-cenizas-reloj-lusqtoff-_JM
上のような完全に設置するタイプのものから下のように移動できるタイプのパリーシャまであります。
本当は下のタイプのようなアパートのバルコニーにも設置できるようなタイプのパリーシャが欲しいのですが、冒頭でも述べたように我が家の地獄の番犬がそれを許しません。
草食ですけどね。


そこで台所用のパリーシャを

購入しました。
Parrilla circular para hornalla 
Mercadolibreで調べるときはParrilla circular para hornallaで調べられます。
私は近くの雑貨屋で安くなっているのを購入しました。
450ペソぐらいでした。
今メルカドリブレで調べたら350ペソのものがあって歯ぎしりです。



ガスコンロ対応

オーブンでアサードをしたこともありますが、ちょっとアルゼンチンっぽさが欲しかったので今回結局ガスコンロですが、それっぽい調理器具を購入しました。
穴が空いたところにガスコンロが来るように設置して、お肉や野菜を置けば台所でアサードができます。

穴から脂肪が落ちるようになっています。
蓋と中敷と脂肪を拾うところの3重構造なので洗うのがまあああ面倒です。
しかも今回まあまあ大きいものを買ったので、うちの流し台になんとか入る大きさです。
ガスコンロもなんとか置ける程度です。
もう少し小さいのでもよかったかもしれないです。



調理してみた!

Parrilla circular para hornalla

実際に調理してみました(妻が)。
私がアルゼンチンに来て2年目のお祝いをしてくれるとのことでアサードを2人でしました。
なかなかどうして脂をごっそり落としてくれます。
おかげで下のものを洗うのが面倒ですが、ありがたいですね。
ただ弱火でゆっくり焼いていると1時間以上でもなかなか日が通っていなかったので次は中火で焼き続けたいです。
妻は最終的にブチ切れてオーブンで肉を焼いていました。
脂肪を落とした後なのでそれでもよかったのかもしれません。
アサード
茶色と黄色だけのお皿です。
野菜?ナニソレ健康にいいの?
牛は草食だから、このお肉は野菜も同然です。
じゃがいもも野菜です。
そんな野菜しかないこのお皿ですが、お腹いっぱいになるのはとても早かったです。

お肉の焼き加減は少し赤みがかっていたので、妻が2時間も調理したのに!とブチ切れてオーブンで最終的に仕上げましたが、いい感じに脂肪は落とされていたのでジューシーでした。
今度は料理の鉄人こと私が調理してその実力を試してやろうと思ってます。
出来らあっ!


最後に

お肉大国アルゼンチンではお肉を調理するための道具がたくさんあります。
一度また種類の違うフライパンを求めてキッチン道具が集まる通りに友人とさまよったこともあります。


アサードは焼いた後は木の皿に置いて食べるのがデフォだったりするのでそこらへんも揃えて行こうと思います。
これから日曜日はアサードの日になりそうです。
我が家も焼肉屋さんです。

せっかくのお肉大国アルゼンチンですからね、お肉を食べようと改めて思いました。
最近はインフレで以前ほどお手軽感は薄れてますけど、それでも私は牛肉にしがみつきます。

先月高級パリーシャのレストランDon Julioに行ってしまったので、今月からは我が家で焼肉屋さんです。

またねー

Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿