Header Ads

アルゼンチンペソは日本国内で両替はできる?おすすめの両替方法の紹介です。

こんにちはー。 
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回はアルゼンチン旅行前に、日本国内でどうやって両替えができるかについての紹介です。

旅行前にしっかりと現地の通貨を手にして、万全の準備をしておきたいですよね。
そういった方のために、おすすめの両替方法の紹介です。


Ads by Google


目次

アルゼンチン通貨
アルゼンチンペソは日本でも両替できる?
アメリカドルとアルゼンチンペソの両替
日本国内でドルを入手する
外貨両替マネーバンク
最後に



アルゼンチン通貨

アルゼンチンで使用されている通貨はアルゼンチンペソ(ARS)です。
2018年11月現在は5、10、20、50、100、200、500、1000ペソ札があります。
近い将来にはインフレに伴い20ペソ以下のお札は廃止される予定です。

硬貨には10、25、50センターボ(ドルでいうセント)、1、2ペソがあります。


アルゼンチンではクレジットカードやデビッドカードも普及しておりますが、お店やご利用サービスによっては現金だけしか認めていない場所もまだまだありますのでアルゼンチンペソは手元にないと、お金が支払えないということになりかねませんのでご注意ください。

アルゼンチンペソは日本でも両替できる

残念ながら公的機関での両替ができません。
個人を探し出しての両替は可能ですが、日本の銀行や空港ではアルゼンチンペソと日本円を両替することができないじょうたいです。
それはアルゼンチンの通貨信用の弱さからくる問題や、国外にお金を流せるほどの余裕がないなどの理由があります。
そのため、アルゼンチンで通貨であるペソを入手するためには、アメリカドル(USD)を日本で入手する必要があります。

アメリカドルとアルゼンチンペソの両替

アルゼンチンでは自国の通貨が不安定のため、ドルに依存している部分が大きく、その時期によりレートも大きく変動する可能性もあります。
例えば2018年1月には1ドル=19ペソぐらいでしたが、11月現在では1ドル=35ペソです。
これが9月には1ドル=40ペソ近くになり、国内に経済危機の動揺が走ったこともあります。
レートに寄りますが、ペソの価値が暴落している時は観光に来る人からしたら同じ1ドルでもより多くのペソが入手できるのでお得になります。

ドルだけでなくユーロも両替できますが、地理的な関係でアメリカドルの方が両替を受け入れてもらいやすいので、私はいつも日本からいらっしゃるお客様にはドルの持ち込みを勧めております。

アルゼンチン国内でのペソとドルの両替の方法は下記のリンクにまとめております。

日本国内でドルを入手する

日本国内でドルを入手する時は銀行や空港で両替するのが一般的だと思います。
私もそうしてきました。
ただ、旅行前はドタバタしていて銀行に行く時間がなかったり、空港内でも出航ギリギリで両替できなかったら、せっかくの旅が台無しになりますよね。
私自身の経験でも銀行で両替の待ち時間が長かったりして、荷造りをしないと行けないのに、上手くパッキングができなかった時代もありました(遠い目

ただ、今はインターネットで何でも完結できる時代になっているみたいで、家にいながら外貨を両替できます。


もっと早く知っておきたかったです(泣




外貨両替マネーバンク

 
こちらのサービスでは家にいながら外貨の両替がお得なレートでできます。
アルゼンチンペソの取り扱いは上記の通り、日本国内での銀行や空港でもありませんので、こちらでも取り扱いはありません。
しかし!アルゼンチンペソを両替するために必要なアメリカドルが他のネット両替のサービスや空港に比べてもお得なレートで入手できます。

ある日の両替レート

記事を書いている時点での銀行と外貨両替マネーバンクでの両替のレートを比較してみました。

三井住友だと1ドルを買うのに114.52円です。
https://www.smbc.co.jp/ex/ExchangeServlet?ScreenID=real

外貨両替マネーバンクの場合は114.09円です。

その差は0.43円。
アルゼンチン1週間滞在するのに手元に持っておきたい金額7万円分をこちらのレートで両替するとき

三井住友
70000円=611ドル

外貨両替マネーバンク
70000円=613ドル

と2ドルもお得になります。
レートの違いは両替をする金額が大きくなるにつれて、換金後の値段に響いてきますので少しでもいいレートで両替するのがおすすめです。

これが、アルゼンチン国内のパタゴニアやイグアスの滝のような場所を行くために長期で滞在する場合、さらに両替の金額の量も必然大きくなりますよね?
例えば、二十万円を両替する場合だと、

三井住友
二十万円=1746ドル

外貨両替マネーバンク
二十万円=1753ドル

と7ドル(約800円)もの開きがでます。
これをたかが800円とみるか、されど800円とみるか、私は貧乏性なので800円!!と思ってしまいます笑

このように外貨両替マネーバンクの方が銀行でのレートに比べてお得にドルを購入することができます。
また両替手数料込みのレート表示で、銀行に比べてお得に両替ができます。

アルゼンチンペソを直接購入することはできないので、ドルをお得に購入することが、結果としてアルゼンチンペソをお得に購入することにつながります。
外貨両替マネーバンクのまとめ・両替のレートがいい
・WEBで注文が完結できる
・いつでも好きなタイミングのレートで注文できる

ご利用方法


・申込み    


WEBからお申込みができ、24時間対応しています。
申込み時点でのレートで確定されるので、忙しくてもレートがいい時の両替を見逃すことがありません。
家にいながらネットで両替の申請ができるってのは、銀行で待たなくていいので便利ですね。
私とかは夜寝れない時にスマホで調べごとしてるうちにふと思い出して、その場で両替とかしたいタイプなのでこれはありがたいです。

・お支払い    


お支払いは銀行振込または代金引換から選べます。
その時に平日14時までなら当日発送もしてくれるので日にちが近くても安心です。
最低申込金額7万円からで全国一律送料無料なので、余計な出費がありません。
アルゼンチンに観光に来る時は、滞在期間、行きたい場所にもよりますがだいたいこのぐらいの金額分の現金は持っておいたほうがいいと思うのでちょうどいいと思います。

・受け取り    


受け取りもご自宅または空港郵便局での局止めと選べますので、出発前に空港でドルを受け取ることもできるので、ドルの持ち出し忘れも防げて便利です。
これ意外としがちですよね笑

まずは一度、サイトでドルがどれだけお得に買えるか確認してみてください!
私もアルゼンチンに移住する前に知っておきたかったです笑
あの時にどれだけ手数料やレートの差に泣かされたことか・・・。
みなさんには同じ轍を踏んで欲しくないので今回はこのサービスを紹介しました。


最後に

アルゼンチンペソは日本国内での両替は公的の機関では受け付けておりませんので、銀行または空港等でドルを買う必要があります。
ただ時間がない、よりよいレートで両替をしたいという人にはWEBからお申込み、両替ができる外貨両替マネーバンクがおすすめです。

アルゼンチン国内でのドルからペソの両替の方法については下記のリンクにまとめておりますので、そちらをご参考にしてください。
またねー

Ads by Google